ホーム > 仕事 > 帰化申請

帰化申請

帰化申請といえば、いろんな申請がある中でも、やはり書類の多さには定評があるようです。帰化申請をして無事許可された、あのドナルドキーンさんは、白人ですから、日本人といっても完全に日本人と間違われることは無いわけです。
その点私はアジア人ですので、日本語さえ完璧になれば、もう完全な日本人になれますね。帰化申請に何を期待しているかといえば、この日本という素晴らしい国の一員になるということで、何か自分でもはかりしれない、気持ちの上でのプラス面がきっとあると思います。
生まれながらの日本人には、分からないでしょうけれど、私の母国では、自分の母国に誇りを持っている人はあまりいません。もちろん、母国に愛はあるし、大好きではあるんです。でも、誇りというものはあまりもてませんね。
帰化申請については、こんな風に考えてみたらいかがでしょうか? もし、自分の両親が、とても自分を可愛がってくれて、大事に育ててくれたら、自分もその両親を好きになりますし、愛情を持ちますよね? でも、その両親が、ほんとうに無学で、今日の食べ物にも困るような生活だったとしたら、やはりその状況に誇りはもてないと思います。
国籍を変えると言うことも、そういうことに似ているような気がしていて、つまりは今秋の帰化申請に、多大な期待をしている僕なのです。"


タグ :